元彼がそっけない理由とは?

別れてしまったけれど、まだ元彼に未練がある場合ってありますよね。友達として仲良くしていても、いつか復縁して、また前のように彼女のポジションにつきたいと考える人も多いです。

また、もう1度付き合いたいという未練はなかったとしても、1度好きになった人なので情もあります。恋人ではなくても友達として仲良くしていきたいと考える人もいます。

そんな中で元彼の態度がそっけないと、急に不安になりますよね。「嫌われたのでは?」「新しい彼女ができたのでは?」「何か不快なことを言ったかな?」と考え出してしたらキリがありません。

たとえ未練がなくても、「元彼」という立場上気になることも多いです。今回は、「元彼がそっけないときの理由」についてまとめました。是非参考にして、元彼の意図に気付いて下さいね!

元彼がそっけない理由とは?

気持ちが冷めている

冷めた男性

元彼の態度がそっけない理由の1つとして、まず考えられるのは「気持ちが冷めている」ということです。そもそも、気持ちが冷めていなければ別れを受け入れることすらありませんよね。

彼から別れ話をした場合、あなたに不満があったり、好きという気持ちが冷めてしまっているのは疑うまでも無いでしょう。では、彼があなたに振られた側だったらどうでしょうか?

あなたは「あんなに辛そうにしていたし」「好きだと引きとめてくれたし」と別れ際のことを思い出しているかもしれません。でも、時間の経過と比例して、人の気持ちも変わっていくものです。

彼も別れを受け入れ「もう仕方がないな」「彼女がいない生活にも慣れてきた」と気持ちが冷めている可能性は十分あります。元彼の気持ちはいつまでもその時のままとは思わない方が良さそうです。

嫌になっている

頭を抱える男性

別れ際がスマートでなかった場合、彼はもうあなたのことは嫌になっている可能性があります。あなた自身を嫌っている場合もあります。あなたをきっかけに嫌な別れ際を思い出す場合もあります。

別れる原因があなたの二股であったり、別れ際に言った彼への悪口がキツかった場合は思い出すので、忘れたいのかもしれません。また、あなたは悪くなくても逆恨みしている場合もあります。

例えば、元々は彼が別れ話をして、あなたが「別れなくない、好きなのに」と泣いてすがったとしますよね。でも、別れたらあなたにはもう良い人がいるという時にもありえます。

あんなに好きだと言っていたのに、もう恋人がいて楽しそうなんて、「なんだよ」と面白くないのが原因です。いずれにしても、あなたを見ると嫌な感情が出るので、避けている傾向にあります。

突き放している

雨の中一人ぼっちで歩く女性

元彼があなたにそっけない理由として、「あなたの未練に気付いている」という場合が考えられます。友達として仲良くしようとは言っても、あなたが復縁を望んでいるのを察知している場合です。

彼の心理としては「元カノに情もある」けれど、「復縁する気もないので困っている」という場合が多いです。友達として仲良くとは、ただの体裁上の言葉だということでしょう。

ハッキリと言葉に言って振ると、関係がギクシャクしてしまいますし、気まずいですよね。そこで自分が振らずとも、あなたに察して欲しいと思い、そっけなくしている可能性があります。

あなたの未練を感じていても、まだ告白されてもいないのに、「俺は復縁する気ないから」なんて、自意識過剰のようで言えません。そっけない態度で「復縁はないよ」と分からせているのです。

気持ちを切り替えている

見上げた晴天の空

あなたのことを嫌っているわけでも、未練を持たれて迷惑なわけでもないけれど、そっけなくすることがあります。それは、「1度リセットして、新しくスタートしたい時」です。

特に未練はなくても、やはり元カノであるあなたと会うと、気持ちが揺れることもあるでしょう。それに伴って新しい出会いや紹介話に全力で挑めないことも予想されます。

新しい恋がしたいとまでは、まだ思っていなくても、まずはこの状況を一旦置いて、趣味や仕事に打ち込みたいという人もいます。何か新しいことにチャレンジして夢中になりたいのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。