元彼との適切な距離感とは?

仲良くしていた恋人でも、様々な理由で別れてしまうこともありますよね。別れの原因は浮気や愛情が冷めた、他に好きな人ができたなどの心変わりもありますが、それ以外の原因も多いです。

特に好きな人ができたわけでもない。相手に不満があるわけでもない。でも、もう好きという気持ちがマンネリになってしまった。信頼感は変わらないけれど、友達に戻りたい時もあるでしょう。

そんなお互いに納得の上で円満に別れた恋人は、今後どのような距離で接するのが適切なのでしょう?今まで通りとはいかなくとも、全く会わないというのも違う。対応に困る人も少なくありません。

そこで今回は、元彼との適切な距離感についてまとめました。是非参考にして、仲良くはするけれども恋人時代とは違う、一線を引いた付き合いを心がけて下さいね!

元彼との適切な距離感とは?

一番の理解者

一番の理解者

円満に別れた元彼は、あなたにとって一番の理解者です。あなたの気持ちや性格、どんなことを思い行動するのかを知っています。そして、男性がどう思うかも分かるのです。

もし、異性のことで気になることがあるのなら、元彼に相談してみるのも良いでしょう。自分にどんな良い点・悪い点があると思うか、私はこうしたけれど間違いかなど聞いてみて下さい。

あなたの気持ちを理解した上で、男性側の気持ちを教えてくれますし、何より親身になって話を聞いてくれるでしょう。よく、相談をしていたら元彼とヨリが戻ってしまったなんて話もありますよね。

男性は頼ってくる女性を、「可愛いな」「俺が支えたいな」という心理になりやすいです。異性の相談をするというで、複雑ながらももう恋愛関係ではないのだなと実感します。

もちろんあなたも彼が相談してきたら聞いてあげて、これからはお互いに友達として支え合っていく関係を目指して下さい。

友達だった頃に戻る

友達関係の男女

恋人としての関係が終わったのなら、付き合い方も恋人になる前の友達関係として接するようにして下さい。元彼だからとダラダラ2人きりで会ったり親密にしてはいけません。

そういう態度でいると、自分もまだ付き合っているような感覚に陥ります。相手からも「俺のことまだ好きなのかな」と誤解を受けますよね。そうならない為にも線引きは必要です。

まずは、友達だった頃に戻りましょう。他の友達と同じように接すれば良いのです。2人きりでは会わない。用もないのに電話やLINEをしない。遊ぶ時は皆で遊ぶなどが良いでしょう。

彼と付き合う前に、まだ2人でデートをするような関係では無かった時の接し方を心がけて下さい。今まで2人きりで愛を育んできたのですから、最初は寂しいでしょう。でも、線引きは大切です。

寂しさや物足りなさはすぐに慣れます。そうして新しい恋に進むことができるのです。ダラダラと元彼と恋人時代のように会っていては、いつまでも未練が残るばかりですよ!

馴れ馴れしいLINEは送らない

馴れ馴れしいLINE

別れたとはいえ、友達なのだからLINEをするのはOKです。でも恋人同士のような馴れ馴れしい内容のメッセージは控えるようにするのがおすすめです。

具体的にはハートマークをつけたり、好きというようなことを言うのはもちろんNG。直接好きと言わなくても、「そういうところ優しいよね」など好きなニュアンスもNGです。

友達ですので用事が無い時には、メッセージを控える心がけも大切です。もう恋人ではないのですから、ある程度の距離を置かなければなりません。

用がある場合は他の友達にするようなメッセージを心がけて、ダラダラといつまでもやり取りをしないようにして下さい。基本的には元彼と連絡をしない習慣が大切です。

1対1では会わない

1対1では元彼に会わない女性

元彼との適度な距離をとる方法として、「1対1では会わない」というのを守るようにして下さい。自分ではそういうつもりはなかったとしても、相手はどう思っているか分かりません。

まだ未練があるかもしれませんし、「2人きりで会うのは嫌ではないんだな」と変な期待を持たせる可能性もあります。友達と皆では会うけれど2人では会わない。

それを徹底するだけでも恋愛関係と友人関係の線引きができますよね。「2人では会わないんだな」と思ってもらえるだけでも、きちんとした友人関係を築くことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。