キスしている時の息の仕方とは?

キスをしているとき、どういう風に息をするのが正解なのか、ご存知ですか?

自然と息が出来ていて全く気にしたことがない人もいるのではないでしょうか。一方、息の仕方がわからず、実際にキスの最中に息苦しいと思ったことがある人もいます。

普段呼吸をする口が塞がるわけですから、そのときの息の仕方がわからなかったり、息苦しさを感じるのはごく当たり前のことです。

でも、せっかくのキスですから、出来れば自然体でキス出来るのが良いですよね。

今回は、キスしているときの息の仕方と、息をするときの注意点についてご紹介します。

キスをするときの息の仕方がわからない方にはもちろん、より良いキスのムード作りをするときにも参考になるはずです。

キスしている時の息の仕方とは?

ゆっくり鼻息

ゆっくり鼻で息する女性

キスをするとき、相手の鼻息が荒いと気になってしまうものです。まずは、ゆっくりと鼻息で呼吸してみましょう。

このとき、「ゆっくり」鼻息というのが特にポイントとなります。早い鼻息で呼吸をすると、荒っぽくなってしまい、とても気になってしまいます。

また、キスをし始めると、口が塞がるため息がしづらくなります。また、息苦しいと感じてからではゆっくりとした鼻息での呼吸は難しくなります。

どうしても早い鼻息での呼吸になってしまい、荒っぽくなります。そうならないために、キスをする最初のうちから出来るだけ鼻息を吸ったり吐いたりしておくことが大切です。

キスをするときは一番彼との顔の距離が違い瞬間です。鼻息が荒いと思われないために、出来る限りゆっくり、静かに鼻息で呼吸することを心がけましょう。

口呼吸することでお互いが感じやすい

口呼吸によるキス

自然体でいるには、ゆっくりとした鼻息と同時に、口呼吸をするのも良いでしょう。通常の呼吸と比べると、ゆっくりとした鼻息だけでは息苦しく感じてしまう場合もあります。

彼とのキスにタイミングを合わせながら、口呼吸することを意識してみましょう。鼻息だけのときよりも、より自然体な息ができます。

最初のうちはキスのタイミングに合わせるのが難しいと感じる場合もあります。そんなときは、彼の呼吸を意識して合わせてみましょう。

キスをしているときは、至近距離に彼がいるので、意識すると彼の息が聞こえてきます。彼の息に合わせることで、タイミングが掴みやすくなります。

また、口呼吸をすることでお互いが感じやすくなります。自然体の呼吸ができるだけでなく、キスの雰囲気も高まります。

息を極力止めながら口呼吸する

息を止めてキスするカップル

鼻息が気になる場合、極力鼻息での呼吸を止めて、口呼吸のみにするのもキスをしているときの息の仕方の一つです。

キスをしながら口呼吸のみで息をする方法なので、慣れないうちは難しいと感じる場合があります。慣れるまでは息苦しさを感じてしまうこともあるでしょう。

この方法は、鼻息をしながらのキスと比べると少しレベルの高い方法です。ですが、鼻息がない分ムーディーな雰囲気が保ちやすいといえます。

慣れてきても、鼻息をせずに口呼吸のみになると、どうしても息苦しく感じ吐息が漏れてしまうことがあります。しかし、それは全く問題ありません。

我慢できずにもれた吐息は、キスの最中の良い雰囲気を演出します。彼の興奮度も高まる可能性があるといえます。口呼吸で苦しくなったら、我慢せずにそっと息を吐いてみましょう。

息の仕方で注意点は?

初めだけ鼻息を意識する

鼻息を意識してキスするカップル

キスは一番初めの雰囲気作りが最も重要といえます。そのあとは流れに身を任せているだけでも、自然とムーディーな雰囲気が生まれます。

息の仕方も同様に、一番初めが重要です。キスをしようという段階で鼻息が荒いと、どうしても雰囲気作りに影響が出てしまいます。

初めのムード作りさえ成功すれば、そのあとは流れに任せるだけです。途中から興奮度が高まり、荒くなるのは仕方ない部分であるといえます。

万一、自分の鼻息が荒いかもと感じても、相手も興奮度が高まっている状態であれば、それほど気にしていないことがほとんどです。むしろ、荒々しいキスを好む男性もいます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。