片思い男子の特徴とは?

男性からよくLINEが送られてきたり、気づくと自分のそばにいたりする。だけど彼氏がいるかを聞かれるわけでもないし、デートに誘われるわけでもない。もちろん告白されるわけでもない。

そんな経験はありませんか。そういったことが続くと、一体何を考えているんだろうと、もどかしい気持ちになります。

ただの気まぐれなのか何か特別な感情を抱いているのかはっきりとした答えが欲しくなるのが女心ですよね。

男性は自分の気持ちを隠すことがあまり得意ではありません。なので片思い中はその気持ちが行動の中に現れてきます。ただの女友達と片思いの相手とでは微妙に違う態度を取るものです。

ここではそんな片思い男子の特徴を紹介していきます。

片思い男子の特徴とは?

他の男性と話していると視線を感じる

見つめる男性

男性は女性に負けず劣らず嫉妬深いものです。あなたが他の男性と話していたり一緒にいたりするときに視線を感じることはありませんか。

それはあなたが何を話しているのかと気になっているのです。けれど、話に割って入ることはできないという積極さと消極さが入り混じった行動の一つです。

じっと見つめる人もいれば、ちらちらとバレないように視線を送る人もいます。

一般的に男性は、綺麗な女性やスタイルがいい女性というだけで目を向けてしまうものです。しかし、「美人は3日で飽きる」という言葉もあるように、それだけでは興味は持続しません。

何度も視線を感じるようなら興味以上の感情、片思いをしているという可能性が高いです。

視界に入ろうとする

視界に入る男性

これは自分のことをもっと知ってもらいたい、女性に意識させたいという男性心理からくるものです。

恋愛はまず自分を知ってもらわなくては始まりませんよね。そこがスタートになり、その後に友人関係、恋人関係と進んでいきます。

人は単純なもので、視界に入る回数が多くなればなるほどその人との距離が近づいていきます。たとえ話したことがない人でも同じことです。なんとなく見慣れた人には親近感が湧くものです。

男性も無意識のうちにそんなことを分かっていて、それを狙っての行動かもしれません。

最近なんだかよく目に付くという男性がいると感じたら、少し注意して見てみてはいかがでしょうか。

スキンシップを取ろうとする

スキンシップをとる男性

女性は比較的軽い気持ちで挨拶がわりにボディタッチをするものです。しかし、それとは対照的に男性はどんなに仲のいい女友達にも気軽には触れないものです。

では興味のある人には簡単に触れてくるのかといえばそうでもありません。男性がボディタッチをする際は、まず「変にボディタッチをして嫌われはしないだろうか」と考え恐る恐る慎重に行います。

その気持ちを乗り越えて触れてくることがあります。今よりも距離を縮めたいという強い思いを持っていることの何よりの表れです。

「頑張って」という一言とともにポンと肩をたたかれたりしたら、それは片思いのサインかもしれません。

自分にだけ優しい

自分にだけ優しい男性

全ての女性に優しくしようと心がけている男性も中にはいますが、好きな女性には特別優しくするものです。

とはいえこの優しさを見極めるのはなかなか難しいです。と言うのも、一人の女性だけをひいきすると、周りからひんしゅくを買うことを男性も分かっているからです。

結果として、一人だけを手伝ったり、一人だけに何かを買ってきたりという大げさな行動は滅多に見られません。

男性の優しさというのはあまり表に出てこないです。ちょっとした一言で気遣ってくれたり、何気ない柔らかな表情などつい見落としがちなものの中に潜んでいます。

他の女性に対する態度とはちょっと違うなといった、うっすらとにじむ程度のものです。

何を話しても肯定してくれる

何を話しても肯定してくれる男性

女性は好きな人に対してもズバッと意見を言うことは珍しくありません。ですが男性は懐の大きさを見せたいと思いあまり否定的なことは言わないものです。

何を言っても肯定してくれるというのはその典型的な例です。

例えば女性のマイナーな趣味や嗜好にも、うんうんと笑って頷いてくれたら好意を持っているのではと考えていいでしょう。

また、愚痴や悩み、さらにはわがままといった少しマイナスの話題まで肯定してくれるようなら、さらに可能性はアップします。

男性と話すときはそういったことにまで目を向けてみると、その人の心がわかるかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。