年上男性への片思いを成就させる7つの方法とは?

年上の男性ってとても魅力的ですよね。女性であれば一度は年上の男性に憧れたことがあるのではないでしょうか。

自分にはない魅力を持つ年上男性に片思いをする人は非常に多いものです。ですが、相手が自分にとって遠い存在だったり、年齢差がありすぎたりすると、やはり不毛な恋に感じてしまうでしょう。

ですが、しっかりと近づく努力を怠らなければ、年上男性は決してハードルの高い存在ではないです。

今回は、そんな年上男性への片思いを成就させる方法について、以下で紹介していきます。年上男性に片思いの恋をしている女性の方は、ぜひチェックしてみてください。

年上男性への片思いを成就させる7つの方法とは?

頼ってみる

相手は自分よりも経験豊富な年上男性です。まずは年下らしく、ひたすら頼ってみると良いでしょう。

職場の先輩や上司なら仕事の面で、学校の先輩なら勉強など、頼れることがあれば何でも良いです。

年下の女性に頼られて、嫌な気がする年上男性はなかなかいないものです。相手の能力や人柄をしっかりと見ている証拠になりますので、男性はきっと喜んでくれるでしょう。

そして、頼る際には感謝と相手を立てる言葉を忘れないようにしましょう。実際に頼って助けてもらうことで有難いことには変わりないわけですし、相手を褒めるのには絶好のチャンスです。

褒める際には、なるべく彼だからこそ頼りになったという特別感も強調しておきたいところですね。

片思いの年上男性に近づくために相手を頼ることは、絶対に実践しておきたい王道テクニックです。

話を合わせる努力をする

リードしてくれる男性

話がかみ合わないことは仲を深めていくうえでかなり致命的です。どれだけ性格が良くても、どれだけ容姿が良くても、話が合わない人とは居たくない人も多いでしょう。

ですが、年上男性とは実際うまく話が合わないことが多いものです。ジェネレーションギャップもありますし、歳の差ゆえの能力差などでかみ合わないこともたくさんあるでしょう。

そのため、普段から話を合わせるための努力は忘れないようにしておきたいですね。会話についていけるように努力していけば、話がはずむことはあるでしょう。

特に自分の話をたくさんしたい男性、話好きの男性であれば、話に興味を持って聞いてくれる女性の存在は嬉しいはずです。

ポイントはしっかりと興味を持って話を聞き、実際にそのことに興味を持って話を合わせていくという点です。

ただでさえ、年上男性とは会話がかみ合いづらいので、普段から話を合わせていく努力は欠かせないものです。

ときどきため口など距離を縮める

男性を頼る女性

年上男性とはいえ、あまりにかしこまりすぎるのも、なかなか距離が縮まらずもどかしく思えることも多いでしょう。

かしこまって丁寧に接するばかりでは、いつまでも「後輩」「年下」と言った印象が取れないのも事実です。

ときどきタメ口の口調を入れてみるなどして、距離を縮めるようにはしておきたいものですね。

あまりにタメ口をいきなり入れていくのは気が引けますし、年上をなめていると感じられるのも嫌でしょう。会話の中のちょっとしたタイミングでタメ口を入れていけるのが良いでしょう。

「すごいですね」という言葉を、「すごーい」と軽めに言ってみるくらいのことなら、ハードルも低いはずです。

それに、少しタメ口を入れて話されることで、相手も親しみを抱くことが多いです。普段の敬語は崩さない状態で、たまにタメ口を入れ、距離を縮めていけるのがベストですね。

元気の良く接して若さをアピール

デートでテンション高い女性

年上男性は若い年下女性を自然と可愛いと思うものです。同じ年代のように落ち着いた感じで振舞われても、あまりその人に対しては魅力を感じないでしょう。

年下女性は若い女性らしく振舞うことが一番です。まずは元気良く接して若さをアピールしていきましょう。一般的に、若い女性には皆、元気で明るいことを期待しているものです。

若い女性としての魅力を最大限感じてもらえるように、片思いの年上男性の前では元気な姿を見せていくことが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。