手紙で別れを伝えるときに最低限押さえるポイントとは?

初めに名前を記したら、出だしに「突然のお手紙でごめんなさい」と書くのも良いでしょう。急にどうした?この手紙はとさらに彼氏は構えの気持ちに変わります。

読み進める中で別れが来ることを察してくれます。あなたが彼氏に送る手紙。決して軽いものではないはずです。同じように彼氏にも重みの感じる手紙になります。

別れの手紙であることをしっかりと書く

別れの手紙と鉛筆

出だしに名前を入れて、冒頭で少し距離を感じさせる言葉を入れ、別れの手紙を続ける。そこであなた自身も少し感慨深くなり、最後ということを改めて感じます。

別れを決めたのは自分なのに、寂しさを覚えます。すると今までの思い出や、楽しかった出来事、彼氏に言いたい感謝の気持ち、自然とペンが進みます。

ですが、なんでも長々と書くと何が言いたいのかよくわからない手紙になってしまいます。楽しかったことの方が多くなると、彼氏は期待の気持ちを抱いてしまいます。

あなたが送る手紙は別れの手紙です。感情が高ぶって最後に言いたいことが出てきても、簡潔に別れをしっかり伝える手紙にするようにしましょう。

一言のお別れはまた違いますが、別れの手紙を意識しましょう。

別れたい理由を書く

自分の考え

例えば彼氏に伝わりやすい言葉としては恋愛感情がなくなったなどの言葉があります。受け入れるしかない極め付けの言葉で、少し避けたい言葉でもあります。

最後に顔を見ることなく終わりを迎えなくてはいけない彼氏にとって、言葉が重要になります。顔が見えない彼女からの手紙はやるせないものです。

手紙から終わりを感じなくてはいけないのです。少しはっきりとした言葉になってしまうかもしれませんが「恋愛感情がなくなった」という言葉は使いやすい言葉です。

あなたの素直な気持ちを正直に綴るのも2人の終わりにはいいですね。あなたの言葉と伝わるからこそ手紙から察することができる。別れを決めた正直な思いを綴るのもいいでしょう。

謝罪と感謝の気持ちを述べる

感謝の気持ち

手紙を綴る中で、自然と出て来るのが謝罪と感謝の気持ちです。目の前にしてお互い口を開くと少し強い口調になって言い合いのまま終わることもあります。

でも、手紙で終わりを告げるときは冷静に今までの2人の歩んできた日々を思い返します。優しい言葉を並べるようになります。そしてしっかりと謝罪と感謝の気持ちが芽生えます。

感情は感じたままに、ありのままにペンを進めましょう。変にカッコつけようとする必要も、丁寧に書こうと意識する必要はありません。

終わりを意識して書き始めた手紙に、自然とペンが進む瞬間。気持ちの中にある謝罪と感謝の気持ちです。素直に綴りましょう。彼氏にきっと伝わります。

最後に自分の名前を書いてもう一度内容を確認する

手紙の内容を確認する女性

最後に、しっかりあなたの名前を書きます。初めに彼氏の名前を書いて綴る手紙です。最後はしっかりあなたからという意味を込めて、名前を記しましょう。

そして、彼氏宛とはいえしっかりと読み返しましょう。誤字脱字、彼氏宛なら大丈夫というわけではありません。手紙は残そうと思えば残せるものになります。

いつか見返したときのことを考えても、あなたの誠意を感じられるような手紙に仕上げましょう。誤字脱字があったら、書き直すことが1番です。言葉がおかしい時も書き直しましょう。

何度もなんども書き直してください。あなたと彼氏の最後を示す手紙です。一緒に過ごした時間は思い出に変わる瞬間です。

あなたもしっかり誠意を示すために見えないところでも気持ちを伝えましょう。

手紙で別れを告げるなら受け取る側の気持ちを考える

手紙とコーヒー

手紙で終わりを告げられる時、終わりを告げられる相手にかかるダメージは計り知れないものです。手紙という手段で別れを告げられると気持ちがあっても言い返すことができない。

あなたの手紙を手にしたとき、彼氏はそんな状況を迎えるのです。どうしようもないもどかしさを覚えます。やり切れなさを感じます。手紙を受け取る側の気持ちを理解しましょう。

送る手紙は丁寧に、改まった書き方で謝罪と感謝の素直な気持ちを綴りましょう。あなたの知らないところで形として残るかもしれない手紙にあなたの誠意を残しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。