デートの失敗を挽回するには?

楽しい思い出になるはずだったデート。でも、やってしまった~!と、失敗をしてしまった経験はありませんか?

デートの失敗、どんな方法でみんな挽回しているのか気になりますよね。思い出すだけでも恥ずかしい、後味の悪い思い出になってしまったかも。

デートでの失敗談や「終わったことは仕方がない!」と奮起して、挽回した方法などにスポットを当てご紹介しています。

デートで失敗したときに挽回する方法とは?

夕日に照らされるススキ

何日も前から約束してプランも万全なはずだったのに、終わってみたら思い出すのも恥ずかしい。そんな失敗をしてしまったデートの経験をしたことはありませんか?

失敗した5つの事例から挽回の方法をひも解いていきましょう。

失敗事例① 会話

デートで失敗してしまったと思った、ほとんどの人が、【会話で失敗】してしまったと感じています。

会話が失敗したと思う理由はいろいろあります。共通点が少なかったり、趣味があまりにも違いすぎて会話がイマイチ弾まずに気まずい雰囲気になったなどが挙げられています。

知らないの話や共通の話がない時の会話を弾ませるコツは、「よく知らないから教えて?」「それって何?」など、素直に聞くこと。分からないことを相手に尋ねてみて話を聞くことから始めてみましょう。

失敗事例② 遅刻

次によくある失敗例は【遅刻】。緊張のあまり、デートの前日あまり眠ることが出来ずに寝坊した、待ち合わせの時間を間違ってしまったなど。

待ち合わせの時間はデートの前日に再確認して、遅くても10分前には待ち合わせ場所に到着するようにしましょう。

もしも遅刻してしまった場合は必ず相手へ遅れることを連絡し、待ち合わせ場所についても必ず謝罪をしてください!

失敗事例③ 服のコーデ

アウトドアデートなのにひらひらスカートや歩きにくいヒールコーデでデートへ行ってしまった等。

あらかじめデートで行く場所が決まっている時は、TOPを意識しましょう。一緒に行動する彼のことも考えて洋服のコーデしてください。

失敗事例④ キャラ

お互いに相手のことを探りあっている時のデートは、相手がどんな人なのか一挙一動観察している場合があります。

好きな人にはかわいいと思って欲しいと思うあまり、キャラを作りすぎて不自然になってしまい失敗。。なんてこともあります。自然が一番。ありのままの自分を相手に知ってもらいましょう。

失敗事例⑤ 場所

初めてのデートで相手の好みがよく分からなかったり、忙しい彼に変わってプランを任されたのに場所選びに失敗。

選んだ場所に失敗することでデートの盛り上がりがクールダウンした…なんてこともあります。場所選びに失敗したと感じた時は、「好みじゃなかったかな」と素直に聞いてみましょう。

彼の返事次第で場所を変える提案をしたり、第二のプランをあらかじめ考えておくことで挽回できる可能性大です。

相手が何かしらの不満を抱えた可能性が高い

頭を抱える男性

失敗事例の5つのパターンをご紹介しました。これら失敗したことから相手は、あなたに対して不満を持った可能性がありますが、失敗したことをいつまでもクヨクヨしても仕方がない!

ネガティブな思考から脱却しない限り今後の付き合いに影響が出てくる場合があります。

まずは、失敗してしまったと思う原因を探り、失敗をうまく挽回できる方法はどんなものがあるのか考えることが重要です。挽回するにはどんなものがあるのか、次でご紹介します。

自分に非があったか省みる

横になって思い返す女性

まず、デートに失敗した・・と思ったときは失敗したと思った理由を紙に書いてみましょう。紙に書くことは少し手間がかかりますが、書くことで自分の行動を振り返ることができます。

例えば、
【今日のデートで失敗したこと→遅刻した→時間が遅くなることを連絡しなかった(できなかった)→連絡すればよかった(できなかった理由をあのとき言えばよかった)】

など、紙に書いてみます。反省しなければいけなかったことや失敗した理由を知ることで、相手へ伝えなければいけなかった大切なことが明確になります。

挽回したいと思う気持ちがあるのは彼のことがまだ好きだったり気になっている証拠。自分の行動を見直すことで、挽回の方法が自然と見えてくる可能性が高くなります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。