デートで生理を伝える方法とは?

生理の話というのは、基本的には他人にあまり話したくありませんよね。また同じ女性同士であっても痛みや期間、それに伴う症状も個人差があるため同意を得にくいものです。

そんな話を彼氏にするとなると恥ずかしい気持ちもあり、どう伝えたらいいか悩んでしまう人も多いことでしょう。

彼とデートがある日は生理による痛みや体調不良を我慢してしまう気持ちもわかります。病気ではなく毎月くるものだからそれを理由にせっかくのデートを棒に振るいたくないですよね。

しかしそうするとあなたの身体にも悪ければ、最悪の場合は彼との関係にも影響を及ぼすことになってしまいます。

生理前後や生理中は女性の心身に多くの影響を及ぼすとてもデリケートな問題です。その間は自分を大切にしてあげなくてはいけません。そうすることは彼のためにもなるのです。

そこで今回は、デートで生理を伝える方法について解説していきます。

デートで生理を伝える方法とは?

スマホをいじる女性

生理を伝えずにデートを迎えてしまうと、彼はあなたに対して必要な配慮ができません。たとえば長時間お手洗いに行けなかったり、立ちっぱなしの状況になったりするかもしれません。

そうすると辛い思いをすることになりせっかくのデートを楽しむことができません。彼に体調不良であることを気付かれたら心配して家に帰るように言ってくるかもしれません。

風邪などの病気なら家で寝ていた方がいいですが、生理の場合は少しの対処で随分よくなります。彼の優しさとは言え、デートを終わらせるまでではないのにそうなってしまったら悲しいですよね。

また生理中は情緒不安定になります。ちょっとしたことでイライラしたりヒステリックになったりして、彼に不快な思いをさせてしまうこともあります。

最悪の場合喧嘩になってしまい、せっかくのデートを台無しにしてしまうかもしれません。それで済めばまだいいですが、別れるきっかけになってしまう可能性だって0ではないのです。

そうならないためにも、生理であることをしっかり伝えましょう。そして自分の気持ちも尊重して伝え方を考えてみましょう。その参考としてここでは2つのパターンを紹介します。

ストレートに伝えるのはベスト!

屋外にあるトイレ

生理を伝える方法としてベストなのはストレートに伝えることです。特に体調が悪い時など下手に言い訳すると不審に思われてしまう可能性もあり、それによって損をするのはあなたなのです。

彼に不審に思われないようにするためにもストレートに生理であることを伝えましょう。生理自体が男性には理解しがたいものなので、遠回しではすぐに正確な状況が伝わりません。

生理による体調不良などデート中に何かしらの配慮や協力が必要な場合は、早く状況を理解してもらう必要があります。その方が体調の悪そうなあなたを心配している彼のためにもなるのです。

なぜなら男性に生理であることや、その対処法を察しろというのは無理があるからです。生理であること、どんな風に体調が悪いか、どうしたらいいのかをストレートに伝えましょう。

そうすればきっと彼にあなたに必要な配慮をしてもらいつつ、デートを引き続き楽しむことができるはずです。

「女の子の日」などふんわりとでも相手に生理と理解されるならOK

生理と伝えて謝る女性

生理であることをどうしてもはっきり伝えるのが難しい時は、「女の子の日」など言葉を変えて伝えてみましょう。それで相手に伝わるのならストレートではなくてもOKです。

女性同士でもはっきり生理という言葉を使うのにためらう状況ってありますよね。そんな時に別の言葉で、女の子の日やあれの日などとふんわり言えば、女性同士なら大抵伝わります。

最近では男性でもその言葉の意味を知っている人も多いです。なので言いにくければそのような言葉を使って伝えてみてください。

生理であることを別の言葉で申し訳なさそうに伝えれば、きっと彼の配慮してあげなきゃという気持ちも強まることでしょう。そしてお互いに気持ち良くデートを続けることができるはずです。

ただふんわりと伝えても意味が伝わらなければ仕方がないので、恥ずかしくてもストレートに伝えましょう。

生理を告げるタイミングとは?

駅前の時計

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。