元彼に久しぶりに会うときの注意点とは?

元彼に久しぶりに会うときの注意点とは?

女性にとって、元彼とは特別な存在ですよね。別れてからも忘れることができずに、気持ちを引きずっている人も多いでしょう。

友達でもないし、恋人でもない。でもお互いのことは、誰よりもよく理解している。元彼とは、複雑で奇妙な関係です。

そんな元彼と久しぶりに会うことになったとき、どう接すればよいのか悩みますよね。関係性が曖昧なので、どう対応するのが正しいのかわかりません。

そこで今回は元彼に久しぶりに会うときの注意点を紹介します。復縁したいときとそうでないときのパターンに分けていますので、ぜひ参考にしてください。

【復縁したい人向け】元彼と会うときの注意点

決して自分から復縁の話は持ち出さない

復縁は自分から切り出さない女性

元彼に久しぶりに会うのですから、タイミングをみて復縁の話を持ち出そうと試みる女性は多いものです。気持ちも高ぶってしまうでしょう。

しかし復縁は、相手から言わせない限りうまくいきません。女性からの復縁話をすると、男性は離れていってしまいます。

復縁したい元彼と会うときは、自分の良さをアピールすることだけを考えましょう。「復縁できるか」ではなく「復縁したいと思わせられるか」がポイントです。

復縁したい気持ちは、とりあえずしまいましょう。そのうえで、元彼に復縁させたいと思わせるように努力してください。

都合いいだけの女にならない

都合のいい女

未練がある元カノは、元彼にとって都合いい女になりやすいです。なぜなら自分のことを理解してくれているからです。面倒なことを省き、気楽に付き合える相手だからです。

もし復縁したいという想いがバレてしまった場合、キープ女になる可能性があります。他の女性とも遊んで、寂しいときや暇なときに呼び出せるような人です。

元カノであれば、体の関係も持ちやすいと考えるでしょう。弱い自分やダメな自分も受け入れてもらえると感じます。キープしておけば、都合のいいことがたくさんあります。

いくら復縁したくても、下手に出てはいけません。流されない強い気持ちをもって、元彼に会うようにしてください。

間違っても、
「今日泊まりに行っていい?」
「このあとホテルいかない?」
「少しだけお金貸してくれない?」

などという、頼みには承諾しないようにしましょう。

交際したときと変わらない自分を見せる

男性と交際する女性

元彼は、交際していて別れた相手です。お互いに一度は好きになったことがあるけれど、何かしら交際を続けていけない理由が存在したから別れたのでしょう。

久しぶりに元彼に会うと、当時の感覚に戻されていきます。気持ちや言動も、付き合っていたときと同じようになるのです。

しかし引き戻されてはいけません。何も変わらないあなたでは、意味がないのです。復縁したいと思ってもらうためには、変わった自分をアピールしなくてはいけません。

過度に自分を変え、取り繕う必要はないです。しかし元彼が懐かしさと同時に、新鮮さや尊敬まで感じられるようにすることが大切です。

あまり元彼の近況を詮索しようとしない

元彼を詮索しない女性

久しぶりに会った元彼には、聞きたいことがたくさんありますよね。近況を詮索したくて、仕方がないことでしょう。

「私と別れたあと、誰かと付き合った?」
「今は好きな女性とか気になる女性はいる?」
「同じところに住んでいるの?仕事も同じ?」

本当なら、すべての質問をぶつけたいところです。しかし元カノに詮索をされるのは、気持ちのいいものではありません。

次々に質問されると「ただのうざい元カノ」になってしまいます。聞きたいことは会話の中で、知り得るようにしてください。詮索はしないよう注意しましょう。

なんでもわかったような態度はとらない

元彼を分かったような態度を取る女性

元彼と会うと、母親が息子に感じる独占欲のような感情が出てきます。「自分が一番あなたを知っている」ということを自然とアピールしてしまうのです。

「これ好きだったよね?」
「あなたって本当にそういうとこあるよね?」
「実はこうしたいんでしょ?」

などと、なんでもわかっているような態度で接します。交際歴が長かった場合は、特にそうなる傾向があるでしょう。

しかし少しでも会わない期間があると、変わることもたくさんあります。いつまでもあなたの知っている彼ではないのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。