遠距離恋愛の不安を整理する方法とは?

SNSが普及し、遠距離恋でもすぐに連絡を取り合える便利な時代になりました。しかし、どの時代でも遠距離恋愛から生まれる不安な気持ちはなかなか拭えないものです。

愛する彼とは繋がっていたい、けれど会えないことから生まれる不安。「いっそのこと別れた方が楽になれるかも」と思うこともあるかもしれません。

そこで、あなたが現在抱えている不安が少しでも解消されるよう、不安を整理し、解決していきましょう。

不安が解消され、あなたが今よりも幸せを感じられるようになれば、それは自然と遠く離れた彼にも伝わるはずです。

遠距離恋愛の不安を整理する方法とは?

座りながらスマホをいじる女性

「整理をする」ということは、あなたが不安に思っている事柄に向き合う必要があります。

少々辛い作業かもしれませんが、1つ1つ噛み砕いていくことで、あなたの心の不安が明確になり、解決方法を導きやすくなります。
 
ここで、紙とペンを用意してください。

何がどうして不安なのか理由を書き出す

紙に不安を書き出す女性

まず、あなたがどうして不安なのか理由を書き出しましょう。なるべく細かく書きます。あなたが「彼が離れている間、浮気をしていないか心配…」と思っていればそれは不安の理由ですね。

少し辛い作業だと思いますが、書き出した不安を把握することで、漠然と抱えている不安が何かを理解していきます。

この作業をきちんと行うことで、後の達成感や、解決したときの自信へつながります。

誰が見る物でもありません。「こんな些細なことを心配しているの?」と人から思われそうなことでも、あなたにとってはとても大きな問題なのです。正直に書きましょう。

 

不安が的中した場合どうなるのか結末を書き出す

夕日に照らされる植物

次に、あなたが書き出した不安が的中した場合、それはどんな結末になるか想像してください。

先ほどの「彼が離れている間、浮気をしていないか心配…」という不安に対して「彼が浮気をしていた」というような感じです。

悪い結末にならないと思えば、想像した通りの結末を書き出します。その場合、何故あなたは一瞬でもそんな不安を持ったのか考えてみましょう。

もしかしたら以前、不安に感じた事を、実は今でも心の奥に抱えているかもしれません。もしくはあなた自身に何かしらの心の揺らぎがあるのかもしれません。

悪い結末にならないために自分にできることを書き出す

悩み鉛筆を口の上にのせる女性

あなたが想像した結末が悪いものだったとしたら。そんな結末にならないよう、あなたが出来ることは何でしょうか。具体的に書いていきましょう。

前述の「彼が浮気をしていた」という結末に対して、そのようにならないためにあなたはどうしますか?

例えば「自分がもっと魅力的な人間になる」と書いたとします。

ここで、どのように魅力的になっていくのかを具体的に書きます。具体的に書くことで、目標として分かりやすくなり、行動に移しやすくなります。

具体的に書き出す内容は、彼だけのためではなく、あなた自身もそれを行動に移した時、達成感を得られるものが良いですね。

この場合、容姿でもいいですし、内面でもいいですし、自分にとってプラスになる事を上げていくと良いでしょう。

達成感を得られれば、あなた自身も不安を整理していくことに対して、前向きに捉えられるようになります。

そしてこの先また、不安の波に吞まれそうになっても、あなた自身でそこから脱する方法を見出せるようになります。

実際に自分にできることを行動に移す

上を向いて笑顔な女性

次に、あなたが書き出した自分に出来そうなことを、実際に行動に移していきます。ここで初めて私が実際実践した、会えない時間の不安の整理と解消方法を書きます。

彼に会えない間は彼の状況がすぐに把握できないが為に、マイナスの妄想ばかりして不安で仕方がない時があります。

特に休日は、そんなことを考えていると何のやる気も起きず、ダラダラと時間だけが過ぎてしまいますよね。彼を信じきれない自分にもとても腹が立ち、自暴自棄になりがちです。

これではダメです。昔からの趣味や興味があったことを始めてみましょう。何かに打ち込めば、彼の事を考えすぎる時間も減ります。

また、彼氏も自分が不安に思っている事を知っている可能性もあります。自分の不安に思う時間が減ることが、彼にとっても良いことです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。