男性が結婚を決意するきっかけとは?

人生の伴侶として、一生を添い遂げるという約束、それが結婚。でも晩婚化が進んだ現代。なかなか明確なきっかけがないと、結婚に踏み切ることは難しいようです。

男性が結婚を決意するきっかけはいくつかあります。ここでは「きっかけ」にはどのようなものがあるのかを解説してきます。また、そのきっかけを与える方法も徹底解説しちゃいます。

彼が結婚に踏み切ってくれない理由をまずは特定し、それに対しての対策を講じてみてください。

男性が結婚を決意するきっかけとは?

心の支えになってくれた

男性の心の支えになる女性

男性が「この人は、自分にとっての心の支えだな」と思ったとき、結婚を決意するきっかけになります。

例えば、男性が風邪をひいて寝込んでいた時に、おかゆを作ってくれたり薬を買ってきてくれたり…。看病してもらい、女性に素直に甘えることができたら、「この人なら…」と思うきっかけになります。

また、自分が仕事や人間関係などで落ち込んでいるとき。真剣に悩み相談に乗ってくれたり、自分事のように一緒に悩んでくれたら、いつしか女性を心の支えにしていることに気づくでしょう。

弱っているときに気付くと自分のそばにいて、支えてくれている大切な女性。そのことに気付いた男性は、「失いたくない」「一生一緒にいたい」と思うようになります。

一生一緒にいるイメージができたとき、男性が結婚を決意するきっかけになるのです。

結婚したい男性には、積極的に精神的に支えになってあげるようにしましょう。特に弱っているときは優しく包容力のある対応で、彼を包み込んであげてください。

彼がそのことを思い出した時、結婚したいと思ってくれるに違いありません。

同僚や友人の結婚

同僚の結婚式

普段仲良くしている同僚や友人が結婚したとき、男性は結婚を決意するものです。理由は二つあります。一つ目は、結婚式での幸せそうな同僚や友人の姿に感化されるからです。

新郎新婦の今までの人生の思い出が語られ、今後は夫婦二人で幸せな家庭を気付いていくという近いが立てられる結婚式。その幸せな様子を見たとき誰しも「結婚っていいな」と思うものです。

もう一つの理由は、結婚した友人や同僚たちの付き合いが悪くなるからです。結婚し家庭を持つと、家庭でのイベントごとが増え、独身の仲間と出かける機会がだんだんと減っていきます。

今まで遊んでいた友人や同僚と遊びに行くことが減り、一人の時間が増えていくと男性は少し焦り始めます。そして「俺もそろそろ結婚しようかな~」と思うきっかけになるんですね。

独身組、結婚組、子供がいる組と、グループが分かれていきます。結婚組が増えてきたら、男性は結婚を意識するようになります。

なかなか彼が結婚を切り出してくれない場合は、彼の周りにいる既婚者の話を聞き出してみましょう。会話の中に、意識的に新婚カップルの幸せなイメージを登場させてみるのもおすすめです。

また、あえて結婚組の集まるイベント(バーベキューなど)に一緒に参加するのもおすすめです。周りから「まだ結婚しないの?」と助け船を出してもらえるラッキーもあるかもしれませんね。

熱意をもって結婚したい意思が伝わった

結婚したい意思を伝える女性

彼女の「結婚したい」熱い意思が伝わり、根負けして結婚を決意する男性も多いようです。自分からなかなかプロポーズはできないけど、彼女がそんなに結婚したいなら…と結婚を決めるパターンです。

例えば「彼女が結婚情報誌を買っていた」とか、「親にどうするのって聞かれた」とか、きっかけは些細なことだったりします。

彼女が30歳までに結婚したいと言っていたなら、それを叶えてあげたいなと思うのも男心です。男性は期待されると期待に応えたくなる生き物です。

逆に、男性というのは基本的に、女性に比べると「空気を読む」ことが苦手な生き物です。結婚したいとあなたが思っているなら、「結婚したい」という意思を伝えないと気付いてはくれません。

最初はさりげなく、気付いてくれないならストレートに「そろそろ結婚したい」と思い切って伝えてみましょう。

親戚や友人に子供が生まれた

親戚の赤ん坊

親戚や友人に子供が生まれたりすると、男性は結婚を決意するきっかけになります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。