片思いの未練を忘れたいと思ったら?

片思いが思い通りに進まず、もう諦めようと思った時どうしていますか?なかなか気持ちを切り替えることは難しいものです。たいていの人が未練たらたらで引きずってしまいます。

片思いの未練を断ち切るためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は片思いの未練を忘れる方法を紹介します。

片思いの未練を忘れたいと思ったら?

新たな恋を始める

新たな恋を始める女性

片思いの未練を忘れるために一番効果的な方法は、「新たな恋を始める」ことです。これが一番、過去の恋愛を忘れるために効果的なのです。

新たな恋を始めようと思って、すぐに始められるものではありません。まずは、積極的に出会いを求めることが大事です。とにかく出会いの場に出かけてみましょう。

合コンや恋活、婚活パーティーなど今出会いの場はたくさん用意されています。恋活や婚活パーティーは1人で行きにくいものですが、友達を誘えば行きやすくなります。

社会勉強のために行ってみるのもいいかもしれませんね。男女の出会いの場でなくても、サークルや習い事などもおすすめします。

外を出歩くことが必要です。片思いの相手をいつまでも引きずって、家にこもっていては気持ちがネガティブになってしまうだけです。

周りを見渡してみれば、片思いの相手以上の人が見つかるかもしれませんよ。

会わない・遠ざける

片思い中の男性を遠ざける女性

片思いの未練を忘れるためには、相手に合わないようにすることが必要です。会ってしまうと、やはり気持ちを忘れることはできません。

せっかく忘れようとしても、好きな気持ちがまたよみがえってきます。メールやLINEがきたとしても、未読スルーや既読スルーをした方がいいでしょう。

もし気になるようでしたら、ブロックしてしまいましょう。携帯の電話帳からも削除し、こちらから一切の連絡が取れないようにしてください。

相手を遠ざけることで、自分の気持ちもだんだんと離れていくはずです。直進拒否もしておけば、完全に連絡をとることはできません。

メールもLINEも電話もできなければ、次第に片思いの未練はなくなります。強制的に相手を遠ざけるようにしましょう。

忙しくする

ノートパソコンで仕事する忙しい男性

片思いの未練を忘れる方法として、忙しくするのもとても効果的です。やはり、1人になると片思いの相手のことを思い出して悲しくなるものです。

思い出さないために、仕事などで忙しくする時間が必要です。忙しくしていれば、相手のことを思い出す暇もありません。悲しくなることもないでしょう。

仕事でも趣味でも勉強でもなんでもかまいません。何か夢中になってのめり込めるものを見つけて、毎日を忙しく過ごしましょう。

1人になる時間がないように、予定を入れるようにしてください。友達と遊ぶ時間も必要です。失恋の辛さは、友達がいたから乗り越えられる部分は大きいのです。

友達と毎日一緒にいると、片思いの相手のことをいつの間にか思い出さないようになっているかもしれません。

仕事や趣味にのめり込むと、スキルアップできます。友達と遊ぶことで、友情も深まります。毎日を忙しく過ごすことで、多くの物を得ることができますよ。

情報を絶つ

情報を絶つためにオフにしたスマホ

片思いの相手を忘れたいのであれば、相手の情報を断つことが必要です。今は、SNSが普及し、誰でも簡単にネット上でつながることができます。

片思いの相手のSNSを見ている人も多いでしょう。ですが、片思い中はよいのですが、相手を忘れたいのであればSNSを見てはいけません。

片思いの相手の写真を見てしまえば、心が揺らいでしまうかもしれません。女性と楽しそうに写っている写真だとしたら、心穏やかではいられないかもしれません。

片思いの相手の近況は知らない方が良いのです。知ったところでいいことは何もないでしょう。相手のSNSを見る時点で、あなたの心はまだ相手のところにあるということかもしれません。

忘れたければ、見てはいけません。勇気を出して情報を完全に断つことが、未練を断ち切る方法なのです。

気持ちを整理する

気持ちを整理するためのノート

未練を断ち切るために、あまたの気持ちを整理しましょう。では、どのように整理したらいいのでしょうか?

片思いの相手の好きな点や嫌いな点を紙に書き出すことをおすすめします。片思いをしている間は、相手のことを美化してみている傾向があります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。