卒業シーズンの片思いが成就しやすい4つの理由とは?

卒業シーズンの片思いは成就しやすいとよく言われています。

別れが伴う季節なので、自然と男女ともに恋人が欲しくなるときなのです。卒業は一つの節目ですし、告白しようと心に決める人も非常に多いですよね。

特に長い間片思いを続けていると、告白するタイミングを見失ってしまうものです。そんな人にとっても卒業シーズンは恋を実らせる大きなチャンスというわけですね。

今回は、卒業シーズンの片思いが成就しやすいと言われている理由について、以下で紹介していきます。

片思いを卒業シーズン成就させるための方法も考えながら、ぜひ参考にしてみてください。

卒業シーズンの片思いが成就しやすい4つの理由とは?

テンションが高くなっている

テンションが高い女性

卒業シーズンは何かと気持ちが高揚するものです。

新生活への期待と不安があるのでしょう。周りも卒業ムードで沸いているため、自分も合わせてテンションがあがるものです。

気持ちが高まっているところで告白されれば、なんとなくOKしてしまう人も多くなるでしょう。新生活への期待があるため、同じ新生活を誰かと一緒に迎えたいという気持ちもあります。

環境が新しくなるのにあたって、恋人がいれば素敵ですよね。卒業シーズンは期待と不安で気持ちが大きくなるので、恋が生まれる瞬間も非常に多くなるものなのです。

多少好意があれば告白が上手くいく

彼のを好きな気持ち

少しでも相手が好意を抱いていれば、告白は上手くいくパターンが非常に多いです。

告白された側も、もう会えなくなる残念さから、なんとなく寂しさを感じてしまい、告白もOKしてしまいやすいのです。

少しでも好意を持たれていると思うなら、卒業シーズンに告白しない手はないでしょう。

もし告白してきた相手が少しでも気になる人だった場合、振るのは少しもったいなさを感じてしまうものです。

他にどうしても好きな人がいない限り、卒業の寂しさもあって告白をつい受け入れてしまうでしょう。卒業シーズンのように、別れを伴う時期はこのように告白も実りやすいのです。

だからこそ、卒業シーズンを狙って告白をする人がたくさんいるというわけですね。

イベントが豊富

卒業シーズンのイベント

卒業シーズンはいろいろとイベントが豊富にあるものです。

卒業式はもちろんのこと、サークルの送別会など、2月くらいからイベントごとは高校・大学ともに多くなっていきます。イベントごとは男女が仲よくなる絶好のチャンスともいえるでしょう。

卒業シーズンはこのようにイベントが豊富にあるため、いろいろな人と接点を持ちやすいのです。

だからこそ恋が芽生える場合もありますし、長年温めてきた片思いがうまくいくことも多いでしょう。

別れを実感させるイベントであれば感情も高まりやすいですし、告白する機会を上手く演出してくれるものです。送別会や卒業式を通してカップルはとても生まれやすい傾向にあります。

ドラマティックな展開にときめきやすい

桜の舞う卒業シーズン

卒業シーズンに付き合いはじめるのは、漫画やドラマでよくある黄金パターンです。

だからこそ、卒業シーズンになると妙に感傷的になる人は多いものでしょう。ドラマティックな展開に、誰でもときめきやすくなってしまうのです。

なんとなく卒業シーズンに告白すること、されることに憧れてしまう気持ちもあるでしょう。そんなドラマにありそうな胸躍る展開に皆憧れて、告白してしまったり、告白をOKしたりするのです。

もし自分が卒業シーズンに告白されたら、雰囲気的に素敵なのでついOKしてしまいそうな気はしますよね。

ドラマや漫画のように、卒業シーズンに恋人同士結ばれることに憧れる人はとても多いのです。

卒業間際の片思いを成就させる方法とは?

今までより大胆に脈ありサインを送る

大胆な脈ありサイン

では、卒業間際に片思いを成就させるためにはどうすれば良いのでしょうか。

せっかく卒業シーズンを迎えるわけですから、好きな人とカップルとなって卒業をしたいものですよね。

そんなドラマティックな状況には憧れてしまうものです。方法としては、まず今までより大胆に脈ありサインを送ってみましょう。

ボディタッチをしたり、ほぼ告白に近いような言葉を言ってみたりなど、相手をドキドキさせることを意識してみると良いですね。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。