片思いがうまくいくLINE術とは?

気になる彼ができたら、ウキウキする反面、どうやってアプローチしていけばいいのか迷いますよね。LINEを送るにも相手にどう思われているのか不安にもなります。

LINEには既読機能も付いていて、既読が付いているのに返信がないなど、不安にさせられる要素が増えています。

LINEでは相手の顔が見えないので、ちょっとした表現の違いで誤解を招くことも多々あります。そのため送る内容や、タイミングなども重要になってきます。

だからといって、考え過ぎも良くありませんので彼とのLINEを楽しむようにしていきましょう。

気を付けてもらいたいのが、ネガティブな発言は極力避けるということです。男性は一般的にネガティブな発言を嫌います。

付き合っている彼ならまだしも、片思いの段階で仕事の愚痴や人の悪口などは絶対に言わないようにしましょう。

そういったストレス発散方法は女友達との間でしておいて、彼にはむしろ相談役になるくらいが丁度いいです。

自分をあまり押し出すのではなく相手の話を聞いてあげるくらいのスタンスでいたほうがうまくいきます。

では、これから片思いの彼とのLINEにおいて具体手に気を付けてもらいたいことを紹介していきます。

片思いがうまくいくLINE術

初LINEは特に重要

スマホ画面を見る女性

気になる彼とLINEを交換してあなたから1通目のLINEを送るときは特に重要な場面です。このときに意識してほしいことがあります。

大事なのは、彼との会話をスムーズにLINEに繋げることです。彼とどういった関係かは分かりませんが、何度か会話をしているはずです。

飲み会の席でLINEを交換した場合なら、飲み会で話した内容をそのままLINEでも送ってください。もちろん、軽い挨拶文はつけたほうがいいです。

最初は何を送ろうか迷うかもしれませんが、深く考える必要はありません。会話した中で特に盛り上がった内容をLINEでも送れば大丈夫です。

盛り上がったということは、彼も興味がある内容なのでテンションが上がります。また、彼が話していた内容をもう少しLINEで聞いてみるといいかもしれません。

彼も、自分の話を覚えていてくれたんだとあなたに対して好印象を持つことは間違いないでしょう。

オーバーリアクションをする

驚く子供

彼からのLINEに返信するとき、意識してほしいことがあります。LINEは文章なので相手の表情や声の大きさなどが伝わりません。

そこで、返信のときはなるべくオーバーリアクションをしてみてください。自分でも少し大げさだなと思うくらいが丁度いいです。

彼はLINEを送ったときに、相手のリアクションが大きければ大きいほど嬉しくなります。そして、いろんな事をあなたに報告したくなるはずです。

どんな些細なことでも、あなたに報告すればリアクションをとってくれるのでLINEが楽しくなってきます。自然とLINEの回数も増えてくるでしょう。

リアクションのとり方ですが、絵文字や顔文字、ビックリマーク等を連発してください。女性ですので絵文字を多少使いすぎても悪印象にはなりません。

また、LINE特有のスタンプも有効です。スタンプによってはリアクションが伝わりやすいものもあるので、何個か用意しておくといいでしょう。

返信は早すぎず遅すぎない

時計と開かれた本

LINEのやりとりをするときは、基本はテンポよく返し合うのが理想です。しかし、それでは恋の駆け引きになりません。

あなたは彼からの返信が早ければ早いほど嬉しくなるでしょう。では、彼はどうでしょうか?これは相手への気持ちの大きさによって効果が変わってきます。

男性は返信が早ければ早いほど、安心度が増してきます。つまり、自分が努力しなくても離れてかない存在と認識します。

基本的に簡単に手に入ったものに男性は興味を示さない傾向にあります。ですから、返信は早すぎてもダメです。

彼が食いついてくるまでは、なるべく早めの返信を心がけてください。相手の返信が早いと早く返さなきゃという気持ちになり、記憶にも残りやすくなります。

そして、彼の返信が早い時はあなたに興味を持ち出している証拠なので、あえて返信を遅らせてみてください。急にあなたの返信が遅くなると不安な気持ちになります。

恋愛においては、少し男性を不安にさせるくらいのほうがいいのです。その方が浮気もされないし、あなたのことを気にしてくれます。

お互いの共通点を探す

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。