片思いの男性を振り向かせる7つの方法とは?

人を好きになるということは、とても幸せなことです。誰かに恋愛感情が芽生えた瞬間、昨日までと同じはずの生活が、急に色づき始め、素敵な世界に見えるものです。

しかし、一方通行の思い、つまり片思いのままで満足できる人はいないでしょう。相手にも自分と同じように好きになってほしいと思うのは、当たり前の感情です。

片思いの男性に振り向いてほしいなら、ただ見ているだけの自分とはさよならしなければいけません。

ぜひこれから紹介する片思いの男性を振り向かせる7つの方法を参考に、両想いを目指しましょう。

片思いの男性を振り向かせる7つの方法とは?

仲良しグループに入る

好きな彼を含めた仲良しグループ

片思いの男性を振り向かせるためには、親密度を上げ、魅力を伝えることが必要です。そのためには、仲良しグループに入って、関わる機会を増やすといいでしょう。

男性は、女性以上に仲間意識が強い生き物です。その昔、みんなで協力して獲物を捕獲する役割を担ってきたため、信頼関係を大切にする傾向があるのです。

そのため、同じコニュニティというだけで親密度が上がりやすくなります。日々一緒に過ごすことで、自ずと共通の話題も増えるので、必然的に仲は深まっていきます。

また、自分だけでなく友人との関わり方も、恋愛対象として見られるかどうかを判断する1つのポイントになります。

仲良しグループの1人として関わることで、客観的に見ることができるため、広く深く相手の人柄に触れることができます。1対1の関係よりも魅力が一層伝わるはずです。

脈ありサインを送る

脈ありサイン

いつまでも友達と思われているままでは、片思いの男性を振り向かせることはできません。仲を深めつつも、異性として意識させることが必要です。

異性として意識させるためには、好意があることを匂わせることがとても効果的です。つまり、意図的に脈ありサインを送るのです。

好かれているのかもと思えば、異性として意識せざるを得ません。脈ありサインに気付いた段階では、まだ確信を持てないため、実際はどう思われているか気になって仕方がなくなるでしょう。

異性として意識すれば、それまで何も感じなかったちょっとしたことでも、ドキドキするようになります。その分、恋愛感情が芽生えやすくなるのです。

脈ありサインを送ることで、他の男性とは違う特別な感情を抱いているということを伝えましょう。そうすれば、向こうも異性として意思し始めるかもしれません。

彼氏がいないことをさりげなく伝える

彼氏がいない女性

彼氏がいるかいないかがはっきりしているだけでも、男性の見る目は変わってきます。むしろ相手の恋愛事情を知らなければ、動くにも動けないため関係は進展しにくくなります。

そのため、彼氏がいないことをさりげなく伝えることも必要です。フリーであることを知ったことで、相手の恋のエンジンが始動する可能性だって0ではないのです。

もちろんあからさま過ぎると、ガツガツしているというマイナスな印象を与えかねません。あくまで自然にさりげなく、彼氏がいないことを伝えるようにしましょう。

たとえば、週末に予定がないことで悩んでいると言えば、大抵の男性は彼氏がいないことに気付くでしょう。デートスポットやイベントに足を運びたくても運べないと嘆いてみるのも効果的です。

興味がある相手ならいつか男性から聞いてくるかもしれませんが、待っていてはチャンスを逃してしまうかもしれません。振り向かせたいなら、彼氏がいないことを自らさりげなく伝えましょう。

共通の知人と仲良くする

意中の彼との共通の知人

男性は周囲からの評価を非常に気にする生き物です。逆を言えば、周りが良しとするものは、前向きに受け取りやすいということです。

そのため、片思いの男性を振り向かせるためには、時間を割いてでも周りの評判を高めておきましょう。つまり、相手だけでなく共通の知人と仲良くする努力も必要なのです。

共通の知人と仲良くすることを心がけていれば、悪い評判が片思いの男性の耳に入ることはほとんどないはずです。むしろ良い印象付けにつながり、知らないところで評価が上がっていきます。

また、間接的にあらゆる場面でアピールできることは、片思いの男性を振り向かせるために大きなメリットになります。魅力が伝わる機会が増えることに越したことはないのです。

良い反応がなければ少し距離を置く

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。