男性が考えるデートの意味とは?

「地図が読めない女、話を聞かない男」

「ベスト・パートナーになるために~男と女が知っておくべき『分かち愛』のルール 男は火星から、女は金星からやってきた~」

これらの本のタイトルを聞いたことがありますか?

どちらも世界的なベストセラーとなった本のタイトルで、男と女のコミュニケーション方法の違いについて書かれています。

男性と女性は体の仕組みはもちろん、脳の仕組みが違うということは有名な話ですよね。男脳・女脳とも呼ばれていて、その働きの違いにより考え方や行動に違いがあるといわれています。

男女の考え方や行動の違いを理解することは、恋愛においても非常に重要なことです。

これらの違いを理解しておけば「すれ違い」や「勘違い」を未然に防ぐことができ、男女の関係がもっと良くなりそうですね。

例えば、デートについての価値観も同じです。男性が考えているデートの意味についても、男女の違いがあるのをご存知でしょうか?

今回は男性が考えるデートの意味について、深掘りしていきましょう。

男性が考えるデートの意味とは?

イルミネーションを歩くカップル

「今度、2人で食事に行こうよ」
「週末、映画を見に行かない?」
「遊園地に一緒に行きたいな」

あまり意識していなかった男性でも、デートのようなお誘いをされてしまうと、突然意識してしまいますよね。

逆に気になる男性から誘われた時、嬉しい反面「これはデートのお誘いなのだろうか?」という疑問がよぎるものです。

「なぜ、2人だけなのだろうか?」
「女友達として誘われているのだろうか?」
「ただの社交辞令なのだろうか?」
「もしかして、脈があるのか?」
「何かの罰ゲームなのだろうか?」

気になる男性から誘われた場合には、なおさら相手の心理を深読みしたくなるものです。
デートの意味合いによっては、当日に着ていく洋服選びにも影響しそうな大問題ですよね。

恋愛感情があるかどうかがカギ

2つのキーがついたチェーン

ひとつだけ言えることは「全く好意を持っていない相手を誘うことはない」という事実です。あなたを誘っている時点で少なからず彼は、あなたに好意や興味を持っているといえます。

しかし好意や興味があるからといって、全てが「デートのお誘いだ」というわけではありません。

『好意・興味 = 恋愛感情』ではないのです。友達として誘われている可能性も十分に考えられます。

「デートの誘いなのか?」「友達としての誘いなのか?」を判断するためには「恋愛感情があるかどうか?」がカギになってきます。

人間は「本心を知られたくない」という心理から、言葉では嘘をつくものです。「本心を知られたくない」という心理は、照れ隠しだったり、下心だったり、人によって様々です。

ですから「ああいう風に言っていたから、こう思っている」という風に言葉だけで判断しないことです。言葉だけで判断することは失敗の元です。

例えば、こんな風に誘われたとしましょう。

「女の先輩に送別会のプレゼントを贈ることになった。プレゼントに何を選んで良いかわからないので買い物に付き合ってほしい。」

言葉だけ見ると、彼に恋愛感情はないように感じられます。しかし深読みすれば「2人きりで過ごす時間を作りたいから理由をつけている」という捉え方もできます。

もちろん言葉の通りの意味として捉えることもできますね。どちらが彼の本心なのかは、言葉だけから推測することは難しいのです。

言葉からは「どのようなパターンが考えられるか?」という選択肢を予想して読み取る程度にとどめておきましょう。

しかし、同じ男性から別の日にも頻繁に連絡が来たり、食事に誘われたりする場合はどうでしょうか?

彼はあなたに恋愛感情を持っている可能性があると言えそうですよね?

このように男性に恋愛感情がある場合の行動パターンは、ストレートで判りやすいものです。彼の行動と態度を良く観察してみましょう。

基本的に2人きりのデートは恋愛感情あり

スーツ姿でデートするカップル

まず、基本的な見分け方は「2人きりかどうか?」というポイントです。2人きりで会う場合には、恋愛感情がある可能性が高いといえるでしょう。

この見極め方は、男性側の恋愛経験によって変わってくる場合があります。例えば恋愛経験の少ない男性が女性と2人きりで会う場合、恋愛感情の割合は高いといえます。

しかし恋愛経験が豊富で、多くの女性と週に何度も2人きりで会っているような男性の場合は状況が違いますよね。

この場合、あなたと2人きりで会う場合でも恋愛感情の割合は、恋愛経験の少ない男性よりも低いかもしれません。

とはいえ「2人きりのデート」の場合、彼に恋愛感情や下心があり、あなたを女性として見ている可能性が高いといえるでしょう。

「2人きりなのどうか?」という見極め方では、恋愛感情か下心かを判断することはできません。

「恋愛感情か?下心か?」すなわち「本気なのか?遊びなのか?」を判断する基準とは、全く別物であることに注意しましょう。

男性にとって恋愛感情は、ひとつだけであり、本気・遊び・下心などと区別することは基本的にないと思って良いでしょう。

2人きりでも友達歴が長ければ、恋愛感情は微妙

草原で背伸びするカップル

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。